告白タイミング逃した時の対処法 リカバリー可能!まだ諦めないで

まだ諦めないで!告白タイミング逃した時の対処法

告白すべきタイミングはいつだった?

告白タイミング逃したという方の中には、「もう付き合うことはできない」と諦めの感情を抱いてしまった方もいるのではないでしょうか。確かに告白というのはタイミングが大切ですし、タイミングを逃してしまうともうダメだと感じてしまうのも無理はありません。

では、そもそも告白するタイミングはいつだったのか、ということをまずは考えてみましょう。

告白するタイミングとしてベストなのは知り合って1ヶ月~3ヶ月程度くらいの間、または3回~5回目のデートのあいだが最もベストです。1~3ヶ月もあれば相手のことをある程度知ることができますし、これくらいの回数デートを重ねればお互いの感情のポイントも分かってきます。

告白するまでの期間が長すぎると他の人に先をこされてしまう可能性もありますし、好意を持たれていたとしても気持ちが離れて行ってしまう可能性があります。

逃した後のフォローと次への準備

逃した後のフォロー
告白タイミング逃したといってもそれで全て終わってしまったわけではありません。まだはっきりと面と向かってフラれたわけでもありませんから、悲観的になってしまう必要もないでしょう。

告白のタイミングを逃してしまったあとのフォローですが、そもそもまだ付き合っている段階でもありませんからフォローのことは考える必要はありません。ヘタに「告白しなかった言い訳」をしてもマイナス効果ですから、おとなしく次のチャンスを待った方が無難です。

今度こそ告白を成功させるために、あらかじめ告白の状況をシュミレーションしたりイメージトレーニングしたりしてその日に備えておきましょう。何度も言いますがタイミングを逃してしまったと言ってもそれで終わってしまったわけではありません。

やらない後悔が一番つらい

後悔
告白できなかったから諦めようか、と考えている方もいるかもしれませんが、本当にそれでイイのでしょうか。もしあなたがそれでこれから先後悔しないというのならその選択肢もありかもしれませんが、もし後悔してしまうかもという気持ちが少しでもあれば諦めるべきではありません。

告白せぬまま相手に別の恋人ができてしまい、何かの機会に「あの時告白してくれていれば付き合ったのに」なんてことを言われたら後悔してもしきれませんよね。どうせなら告白してから後悔した方がイイに決まっています。

勝手にゲームオーバーにしてしまうのではなく、当たって砕けろの気持ちでぶつかってみましょう。

また手遅れにならないために

手遅れにならないために
告白するのは何も悪いことではありません。
もちろんケースバイケースですが、告白される相手にとっても、悪い気はしないものです。

再び手遅れにならないためには、タイミングを逃したがために相手が他の人と付き合ってしまったシーンなどを想像してみましょう。告白は誰にでも勇気のいることですが、今を逃してはいけないのです。

もしフラれたとしても、また誰かを好きになった時の経験になったに過ぎません。