恋の上級テクニック!デートに誘って断られた時の話の切り替え方

デートに断られた時の対処法

気になる異性をデートに誘ったもののあえなく玉砕、ということはよくあることです。直接相手を目の前にして誘う場合や電話、メールなどを利用してデートに誘うこともありますが、デートの誘いを断られてしまうと自分自身を否定されたような気がしてショックですよね。
ここでは、デート断られた場合にどうやって話題を切り替えたら良いのかということについていくつか案を出してみようと思います。
デートに断られたまま話を終わらせてしまうとその後改めて誘いにくくなってしまったり、同級生や会社の同僚が相手だと学校や職場でも微妙な雰囲気になってしまいますから、しっかりと話題を切り替えることはとても大切なのです。

色々な話題の替え方

デート断られた場合でも、しっかりと話題を切り替えておけばまた今後デートに誘うこともできますし、会ったり電話しても気まずい雰囲気になることを回避することができます。

キャッチが入ったふりして一度電話を切る。

電話でデートに誘って断られ、やや気まずい雰囲気になった場合の対処方です。「キャッチ入ったからあとでもう一回電話するね」と言って一度切りましょう。こうすることで一度頭を切り替えることができます。

何事もなかったように違う話題を出す。

断られてしまったあとに、「ところで、最近仕事ってどんな感じ?」というようにまったく違う会話に変えてみましょう。

あえてピエロになる。

一度断られたらまったく関係のない話題にしておいて、場が和んだらもう一度デートに誘ってみましょう。若干笑えるような雰囲気にしておくことも大切です。

一度の失敗でへこたれない

デートを断られてしまった原因は誘い方にあったのかもしれません。デートに誘う時はできるだけ具体的な日にちや時間、行先などを提示することが大切です。
そこで、一度断られてもすかさず「じゃあ、○月○日に映画はどう?」のようにもう一度聞いてみましょう。もしかしたらOKしてくれるかもしれません。ここでも断られた場合はとりあえずまったく違う話を振っておいて、また今度誘ってみましょう。
デートに断られたからといってイコールあなたにまったく興味がない、ということかと言えばそれは誤りです。単純に都合が悪いだけなのかもしれません。
もちろん、本当にあなたに気がない可能性もありますから、何度か誘ってみてことごとく玉砕してしまった場合などはちょっと考えた方がいいのかもしれません。