メール告白はあり?メールの使い方と気をつけたいこと

メールで告白するタイミングはいつ?

メールの告白だからこそ、気をつけたいこと

現在では携帯電話が普及したこともあり、電子メールは日常的に利用されるコミュニケーションツールになりました。今では誰もが自分のメールアドレスを持っていますし、友人や家族との会話はもちろん、ビジネスでもメールを活用している人は沢山います。メールで告白というのも現在では普通に行われています。直接相手に会って告白したり、電話だと話が詰まってしまう、という方にとってはメールは最高の告白ツールとも言えるでしょうし、事実メールで告白して付き合い始めたという方も多いのではないでしょうか。しかし、メールというのは直接会ったり電話したりするのとは違い相手の顔を見ることもできなければ声を聴くこともできず、相手の感情が分かり難いという面もあります。メールだからこそ気をつけたいポイントもあるので、必ずおさえておくのが正解です。 

文字で告るメリット

メールで告白するメリットはいくつか挙げることができますが、一つには相手の顔を見ずにすむため緊張しないで済む、ということが挙げられます。直接相手を目の前にしてしまうとうまく気持ちが伝えられそうにない、という方はメールでの告白がイイのかもしれません。また、直接声でイエスかノーかを言われてしまうのに比べメールは文章ですから、断られてしまった時のショックも少ない、というメリットがあります。もちろん、好きだった人にフラれてしまうのですから悲しい気持ちはあると思いますが、直接「付き合えない」と声に出して言われるよりは遥かにショックは小さいのではないでしょうか。
メールで告白する人は多くなっていますし、ほかにも色々なメリットがあります。でも、中にはこういう大切なことは直接言ってほしい、という方もいますからその時々に応じて利用する必要があります。

 

相手の気持ちに注意

メールで告白する場合には相手の気持ちに注意する必要があります。相手にまったく脈がないのにメールを送り続けてしまったり告白したりすると失敗してしまいます。
本当に告白して付き合いたいのなら、しっかりと相手の気持ちを確かめた上でメール告白しましょう。気持ちを確かめるのもメールを利用すれば簡単です。普段口ではなかなか聞けないようなこともメールなら気軽に聞けますから、「どう思ってる?」というようなことをさりげなく聞いてみましょう。そこで脈ありと感じたら告白するのです。