恋愛にありがちな魔の3ヶ月の原因と対策

異性と付き合いだして3ヶ月目に何らかの異変が起きてしまうという方は実に多いです。

それまでずっとラブラブだったのに急に冷めてしまったり、興味が持てなくなってしまうということもあります。これを一般的に「魔の3ヶ月」などと呼ぶことがありますが、この魔の3ヶ月は誰にでも訪れる可能性があるのです。

3ヶ月という期間は個人差もありますが、大体この頃になるとお互いのことがよく分かるようになりますから、それに伴って色々な感情が出てくるようになります。また、今まで言えなかったようなことが素直に言えるようになることも原因の一つでしょう。

ここでは、恋愛3ヶ月目に訪れる期間にどのようなことが起きるか、また原因は何か ということについてご説明しましょう。

恋愛3か月で起こる変化

恋愛も付き合いだして3ヶ月も過ぎてくると変化が見られるようになります。
例えば、

  • 3ヶ月を過ぎたあたりから何をしてもマンネリ気味になった。
  • 愛してる、好き、というような愛の言葉を口にしなくなった。
  • 前までは即レスしてくれてたメールが急に亀レスになった。
  • 会話を振っても返事をするだけで会話が成り立たない。

このような状態の場合、ほぼ間違いなく魔の3ヶ月目に突入していると考えて間違いないでしょう。これは相手だけでなくあなたにも同じことが言えます。

こんな状況を引き起こしている原因のひとつは、脳内の快楽物質の分泌量なのです。

フェネチルアミンと恋愛の賞味期限

脳内物質

実は、恋愛初期には脳内に快楽物質が大量に分泌されます。
それがフェネチルアミン(PEA) です。恋人の欠点すらなんだか素敵なものに見せてくれるすごい物質です。いわゆるラブラブ状態は、フェネチルアミンが脳内に分泌されることによって引き起こされている状況なわけです。

でも、残念ながら、フェネチルアミンはずっと出続けているわけではありません。いつ出なくなるのかといえば、それが3ヶ月目なのです。

フェネチルアミンが減少して熱が冷める

すれ違い

フェネチルアミンが脳内に充満している時はまさに熱愛で、「幸せいっぱい、この世は二人だけのもの・・!」な状態です。
でも、フェネチルアミンの分泌量が減ってくる恋愛の3ヶ月目あたりからは、じわじわと今まで見えなかった現実が見えるようになってくるのです。

「今まで良い部分ばかり見えていたけど今度は悪い部分ばかり見えてくるようになった」というのもよくいわれることですね。別の言い方をすれば、倦怠期ともいえますし、良い言い方をすれば、恋から愛に変わっていく過渡期ともいえるでしょう。

それから、恋愛の魔の3ヶ月に拍車をかけるのが、男性特有の狩猟本能です。

釣った魚に餌はやらない?

釣った魚にエサはやらない

それから、男性特有の狩猟本能が、付き合いだしてから3ヶ月目あたりで出てきます。
この頃になると、男性は彼女をすっかり自分の所有物のように考えるようになります。よく言われているように、「釣った魚に餌を与えない」状態になることが多くなるのです。

でも、これはある程度しょうがないといえばしょうがない。
女性獲物という目的を達成するまでは投資はするけど、達成されれば恋愛以外のことが投資先になってしまうんですね。

浮気グセがある男性は、このあたりで別の女性に手を出したりしはじめることも。

男女の感覚のすれ違い

すれ違い

男性は目的達成後は落ち着いてしまいますけど、女性は違います。この感覚のすれ違いも問題です。

実際のところ、恋愛の3ヶ月目で悩んでいるのは女性のほうが多いです。女性は、3ヶ月経っても「もっと愛情表現してほしい」と思いますよね。でも、男性はそれほど悩まなかったりもします。

この意識のすれ違いも、魔の3ヶ月になる原因の一つなワケです。

対策は努力あるのみ?!

対策は?

では、このような魔の3ヶ月を乗り切るためには、常に心に余裕を持つことも大切です。
男性の単純(!?)な脳は簡単には変えられません。

だから、女性が恋愛をリードする方が魔の3ヶ月を乗り切りやすいのです。
出会った頃の新鮮さを忘れてしまわないような努力をしてみましょう。

毎回同じ場所に遊びに行くのではなく、たまにはまったく違った遊びをしてみるとか、今まで興味を持たなかったものに興味を持ってみるとか、工夫次第で魔の3ヶ月は充分乗り切ることができます。

また、恋愛してはいるものの会うのが面倒だな、と感じやすいのも3ヶ月目。そんな時は、無理してまで会わない、というのも一つの選択です。

記念日などをきっかけに特別なことをしてみるのも良いし、ダラダラしないで区切りをつけるというのもよいのではないでしょうか。