紹介デートを成功させる鉄則!話題の作り方からお断りまでこれで完璧

紹介デートで印象を良くする方法

紹介された人とデートするって、変な緊張しますよね。友だちならともかく、職場の上司から紹介された異性となるとなおさらです。

デートをするときにどんな振る舞いをすればいいのか、どうすれば自分の印象を良くすることができるのかと頭を悩ませてしまっている方も多いのではないでしょうか。実は、紹介された相手とデートして印象を良くするのは簡単 です。

友だちから紹介された相手に悪い印象を与えてしまうと友だちにも迷惑をかけてしまいますし、今後誰も紹介してくれないかもしれませんし、あなた自身の評価を下げてしまう可能性だってあります。
その先、お会いするかどうかは別としてとりあえず、印象を良くしておいて損はありませんね。

好印象を与える鉄則

簡単に印象を良くするためには、共通の知人である紹介してくれた人を褒めることです。

まずはとりえず、あなたに相手を紹介してくれた友達のことを褒めましょう。こうすることであなたにも良い印象を抱いてくれますし、相手が友達に「あなたのことを褒めていた」ということが伝わりますから友だちにも印象が良くなるでしょう。誰も嫌な気持ちにやらない方法です。

仮に印象が微妙な感じの上司に紹介されたとしても、この時ばかりは、上司を褒めることです。仕事上であなたに厳しかったとしても、デートのお相手にはとても優しいおじさまだったりするのはよくあることですよ。仮に、今回の紹介デートを仕方なく受けたとしても、悪口めいたことは言わないようにしましょう。

話が続かないときには?

紹介された相手だとあまり予備知識はないことが多いですから、どんな話をすればいいのか分からないことがあります。こんな時にも、最初は、紹介してくれた相手の話題を取り上げるのが無難です。

「○○さんとは、どんなお知り合いなんですか?実はよく聞いてなくて・・・」などと切り出せば、当たり障りのない範囲で話がはじまるはずです。その中から、相手の趣味の話がでてくるかもしれないし、昔話が出てくるかもしれません。

そんな中から、あなたが興味をもてる話題が出たら、自分の話をかぶせていくといいでしょう。相手が話しやすいように紹介者の話題から入って、話題を広げていくのがポイントです。

絶対にやってはいけないNG行為

NG行為としては友だちのことを悪く言うということが挙げられます。「あいつって昔から○○なんだよね」「ほんとあいつはバカでさ・・・」のようなことは冗談でも止めておいた方が無難です。

話がのってくると、ついつい本音が・・・というのは悪気がなくても良くあることなので注意しましょう。

せっかく紹介して貰った相手ですから、友達にも恥をかかさないよう注意する必要があります。初デートでいきなり失礼な態度を取ってしまったり、悪い印象を与えてしまうと最悪友だちを失くしてしまう可能性もありますし、迷惑をかけてしまうことにもなり兼ねません。

好みじゃなくてお断りしたい場合にも

紹介されたけど、会ってみたら好みじゃないということもありますよね。でも、デートの出だしから、容姿をみてのお断りは、紹介してくれた相手との関係を考えても絶対NGです。

その日一日は楽しく過ごしましょう。

相手を気に入った場合でもそうでないケースでも、その日だけは、自分のこと以上に、紹介してくれた人を立てて、デートの相手の気持ちを考えてあげましょう。そうすることで、いざお断りをするときも、紹介者に間に入ってもらうこともできますよ。

お断りを上手にするには、紹介者も、デートの相手にも好印象を与えておくこと。そうすることで、紹介者といい関係を保ちつつ、上手にお断りすることができます。